そらいろ!

そらいろ!

たまに見出しがしゃべったりします。

思わず恋がしたくなる!おすすめ恋愛小説ランキング30

皆さんは最近恋をしていますか?バッチリという人もそうでない人も、小説の世界で甘酸っぱい恋愛模様を味わってみませんか。思わず泣ける感動モノからほろ苦く切ない作品まで幅広くセレクトしました。ランキング形式ではありますが、どれも自信を持っておすすめできる名作ばかりです。

 

 

30位 植物図鑑

恋愛小説の代表的作家ともいえる有川浩の作品。日常の中にどこか非日常な感覚を織り交ぜた不思議な物語です。タイトルの通り作中には様々な植物が登場。それらを使った料理もたくさん登場し、思わず自分も作ってみたくなってしまいました。

 

 

お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。噛みません。躾のできた良い子です――。思わず拾ってしまったイケメンは、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクだった。樹という名前しか知らされぬまま、週末ごとにご近所を「狩り」する、風変わりな同棲生活が始まった。とびきり美味しい(ちょっぴりほろ苦)“道草"恋愛小説。レシピ付き。

 

 

29位 九月の恋と出会うまで

ファンタジーやSFの要素を織り交ぜた九月の恋の物語。様々なジャンルを織り交ぜたような構成になっていますがそれでいてとても読みやすく、読後感も良好。作者の松尾由美は女性向けの作家と思われがちですが、性別を問わず万人におすすめできる作品です。
 
 

 「男はみんな奇跡を起こしたいと思ってる。好きになった女の人のために」
ある日北村詩織は、自室の壁の穴から"一年後の今日"を生きているという人物の声を聞いた。
「平野です」その人物は、同じマンションに住む男性だという。半信半疑ながら、平野に言われた通りに行動する詩織。平野にはある目的があった――
「書店員が選んだもう一度読みたい恋愛文庫第1位」に輝いた、
時空を超えた奇跡のラブストーリー。 

 

 

28位 夜のピクニック

青春時代の甘くてほろ苦い恋を追体験させてくれる恩田陸の恋愛小説。現実味のあるリアルな青春を味わうことができる稀有な作品です。学生時代のあの時、私もこんな素敵な経験ができたら...ついついそんなセンチメンタルな気持ちに浸ってしまいます。
 
 

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて、歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために――。学校生活の思い出や卒業後の夢など語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。

 

 

27位 ぼくらは夜にしか会わなかった

卓越した情景描写が光る市川拓司の人気作。幻想的な独特の世界観が展開される作品のため、一風変わった恋愛小説を読んでみたいという人にもおすすめ。作者の世界に惹きこまれること間違いなしの良作短編集。
 
 

憶えていてね、と彼女は言った。 忘れないで。 美しく純粋な魂が奏でる、せつない祈りに満ちた純愛小説集。 なにを書いているの? と訊ねると、彼女は、わたしたちの物語、と答える。 わたしたちがここにいたこと、ここで出逢い、そしてともに生きたこと、そのすべてを書き残しておきたいの。わたしたちの運命がどこに向かっているのか、それを知ることができたらと思う。でもそれは所詮無理なことよね。だから、せめて忘れ去られてしまうまえに、こうやって言葉で残しておこうと思ったの。 去り行く定めにある者たちが抱く淡い夢。記憶の中に生きること。

 

 

26位 ねえ、委員長

同じく先ほど紹介した市川拓司の青春小説。こちらの作品は、一言でいえば「透き通った青春」というイメージがあります。甘酸っぱさやむずがゆさ、学生時代独特のエッセンスが詰まった作品。
 
 

学級委員長のわたしは、貧血の時に助けてもらったことから、落ちこぼれの鹿山くんと親しくなる。読書が苦手だと言う彼に、わたしはある小説を薦め、それは彼の思わぬ才能を開花させるきっかけとなった。だが周囲の反対で、二人は会えなくなってしまい……。実らなかった初恋が時空を超えて今の自分に届く。表題作ほか二作を収めた傑作恋愛小説集。

 

 

25位 君の名は。

2016年に公開され記録的な大ヒットを記録した新海誠のアニメ映画の小説版。既存の型にはまらない怒涛の展開が読者を惹きつけます。映画だと見落としがちな点もゆっくり確認することができますし、補完されている描写も多数あるため、既に映画を観たという方にもおすすめ。
 
 

山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。一方、東京で暮らす男子高校生・瀧も、山奥の町で自分が女子高校生になる夢を見る。やがて二人は夢の中で入れ替わっていることに気づくが―。出会うことのない二人の出逢いから、運命の歯車が動き出す。長編アニメーション『君の名は。』の、新海誠監督みずから執筆した原作小説。

 

 

 

 

24位 僕が愛したすべての君へ

ライトノベル出身の作家乙野四方字の代表作。並行世界を移動するという題材からもわかる通りSFテイストの恋愛小説となっています。「君の名は。」にハマった方は間違いなく楽しめるはずです。SF小説ファンにも自信を持っておすすめ。
 
 

人々が少しだけ違う並行世界間で日常的に揺れ動いていることが実証された時代―両親の離婚を経て母親と暮らす高崎暦は、地元の進学校に入学した。勉強一色の雰囲気と元からの不器用さで友人をつくれない暦だが、突然クラスメイトの瀧川和音に声をかけられる。彼女は85番目の世界から移動してきており、そこでの暦と和音は恋人同士だというのだが…並行世界の自分は自分なのか?

 

 

23位 小説の神様

学生小説家の出会いと葛藤を描いた相沢沙呼の恋愛小説。普段読者側からは見えない作家の苦悩ややりがいなど、強いメッセージ性を持った作品です。自分の知らない世界を垣間見させてくれると同時に青春小説としても楽しめる一石二鳥な作品でした。
 
 

僕は小説の主人公になり得ない人間だ。学生で作家デビューしたものの、発表した作品は酷評され売り上げも振るわない……。物語を紡ぐ意味を見失った僕の前に現れた、同い年の人気作家・小余綾詩凪。二人で小説を合作するうち、僕は彼女の秘密に気がつく。彼女の言う“小説の神様”とは? そして合作の行方は? 書くことでしか進めない、不器用な僕たちの先の見えない青春!

 

 

 

22位 イマジナリ・フレンド

「イマジナリ・フレンド」という空想の友達。誰もが一度は考えたことのある理想の友達。時間がたてば自然に消えてしまう自分だけの友達。寂しくてあたたかい、そんな小説です。設定がとにかく良かったですね。デビュー作とは思えない完成度の高さで今後も期待の持てる作家さんです。
 
 

イマジナリ・フレンドとは、孤独な人間だけに見える空想のともだち。悩みが解決されると消えてしまう。他人とのコミュニケーションが絶望的に苦手な大学生の山持浩之(やまじひろゆき)は、イマジナリ・フレンドのノンノンと一緒に、リアルではひとりぼっちだけれど脳内では幸せな毎日を送っていた――このままで良いのかと、小さな不安を感じながら。そんな山持を見かねたノンノンは、似たような人々が集まるカンパニーへと誘うのだが……。

 

 

21位 また、同じ夢を見ていた

新進気鋭の人気作家住野よるの恋愛小説。「幸せ」と「選択」を題材としたうまくいかない人たちの物語。一時期話題になった「キミスイ」よりも個人的にはこちらの方が好きでした。世界観はファンタジー寄り。
 
 

デビュー作にして25万部を超えるベストセラーとなった「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」の著者が贈る、待望の最新作。友達のいない少女、リストカットを繰り返す女子高生、アバズレと罵られる女、一人静かに余生を送る老婆。彼女たちの“幸せ”は、どこにあるのか。「やり直したい」ことがある、“今”がうまくいかない全ての人たちに送る物語。

 

 

 

 

 

 

20位 三日間の幸福

自分の寿命が残り数日しかないとしたら、あなたはどうしますか?人生観や人の生き方など、普遍的なテーマを読みやすく落とし込んだ三秋縋の代表作。読み終わった後に人それぞれ必ず何か得るものがある、そんな作品です。
 
 

どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。寿命の“査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。 未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になるが、何をやっても裏目に出る。空回りし続ける俺を醒めた目で見つめる、「監視員」のミヤギ。彼女の為に生きることこそが一番の幸せなのだと気付く頃には、俺の寿命は二か月を切っていた。 ウェブで大人気のエピソードがついに文庫化。

 

 

19位 僕が電話をかけていた場所

三秋縋のより王道の恋愛小説が読みたいという方はこちらをおすすめ。読後感も非常によく、誰にでもおすすめできる作品です。起伏のある展開で読者を飽きさせない配慮も◎。魅力的な登場人物と繊細な心理描写が光る一作。
 
 

ずっと、思っていた。この醜い痣さえなければ、初鹿野唯の心を射止めることができるかもしれないのに、と。「電話の女」の持ちかけた賭けに乗ったことで、僕の顔の痣は消えた。理想の姿を手に入れた僕は、その夜初鹿野と再会を果たす。しかし皮肉なことに、三年ぶりに再会した彼女の顔には、昨日までの僕と瓜二つの醜い痣があった。 初鹿野は痣の消えた僕を妬み、自宅に閉じこもる。途方に暮れる僕に、電話の女は言う。このまま初鹿野の心を動かせなければ賭けは僕の負けとなり、そのとき僕は『人魚姫』と同じ結末を辿ることになるのだ、と。

 

 

18位 阪急電車

映画化もされ、言わずと知れた人気作家有川浩の代表作。たった15分の電車の中での出来事を綴った連作短編集。話が細かく区切られているので普段小説を読まない人にも読みやすい。人間味あふれる登場人物の日常があたたかく描かれます。
 
 

隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった…。片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれる。恋の始まり、別れの兆し、途中下車―人数分のドラマを乗せた電車はどこまでもは続かない線路を走っていく。ほっこり胸キュンの傑作長篇小説。

 

 

17位 夜は短し歩けよ乙女

時代小説を思わせる古風な文体が織り成すユーモアあふれるストーリーが人気を博した森見登美彦の代表作。作者独特の世界観に惹きこまれる純愛小説です。第20回山本周五郎賞受賞作品。
 
 

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。

 

 

16位 鴨川ホルモー

京都の大学の「ホルモー」サークル内での恋愛模様が描かれる2007年本屋大賞候補作。作者は「プリンセス・トヨトミ」等でおなじみの万城目学。京都の雰囲気をリアルに描いた情景描写も必見です。
 
 

このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。このごろ都にはやるもの、協定、合戦、片思い。祇園祭の宵山に、待ち構えるは、いざ「ホルモー」。「ホルモン」ではない、是れ「ホルモー」。戦いのときは訪れて、大路小路にときの声。恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。京都の街に巻き起こる、疾風怒涛の狂乱絵巻。都大路に鳴り響く、伝説誕生のファンファーレ。前代未聞の娯楽大作、碁盤の目をした夢芝居。「鴨川ホルモー」ここにあり。

 

 

15位 ふがいない僕は空を見た

あらすじを読んでいただくとわかるのですが、この小説はなかなかひどいです。生々しいです。なのにどこか爽やかで不思議な感覚に包まれました。世の中は幸せな人たちばかりじゃないからこそこんな小説があっても良いのでは。そんな風に思えた作品です。
 
 

高校一年の斉藤くんは、年上の主婦と週に何度かセックスしている。やがて、彼女への気持ちが性欲だけではなくなってきたことに気づくのだが――。姑に不妊治療をせまられる女性。ぼけた祖母と二人で暮らす高校生。助産院を営みながら、女手一つで息子を育てる母親。それぞれが抱える生きることの痛みと喜びを鮮やかに写し取った連作長編。R-18文学賞大賞、山本周五郎賞W受賞作。

 

 

14位 ティファニーで朝食を

都会的でオシャレな恋愛小説が読みたいという方におすすめなのがこちらの作品。外国の小説ですが新訳版は特に読みやすく、日本とは異なる新鮮な世界観を味わうことができます。映画版のファンも必見。
 
 

第二次大戦下のニューヨークで、居並ぶセレブの求愛をさらりとかわし、社交界を自在に泳ぐ新人女優ホリー・ゴライトリー。気まぐれで可憐、そして天真爛漫な階下の住人に近づきたい、駆け出し小説家の僕の部屋の呼び鈴を、夜更けに鳴らしたのは他ならぬホリーだった……。表題作ほか、端正な文体と魅力あふれる人物造形で著者の名声を不動のものにした作品集を、清新な新訳でおくる。 

 

 

13位 ぼくは明日、昨日のきみとデートする

読者の目を引く表題と斬新なプロットが話題を呼んだ七月隆文のベストセラー小説。賛否両論のある作品ですが、ライトな文体で読みやすく、普段あまり本を読まない人が空いた時間に軽く読むには良い作品だと思います。
 
 
京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて―。「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」奇跡の運命で結ばれた二人を描く、甘くせつない恋愛小説。彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。

 

 

12位 イニシエーション・ラブ

ミステリーとしても評価の高い乾くるみのベストセラー小説。この本は全く予備知識なしで読まれることをおすすめします。普段とは違った小説の面白さに出会える。そんな作品です。
 
 

 僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作恋愛ミステリー。

 

 

11位 よだかの片想い

外見で大きなハンデを抱えている女性の恋愛模様を描いた島本理生の人気作。重いテーマの内容と思われがちですが、私は主人公が成長していく過程を前向きに描いた爽やかな作品という印象を受けました。多くの人に読んでもらいたい作品です。
 
 
顔に目立つ大きなアザがある大学院生のアイコ、二十四歳。恋や遊びからは距離を置いて生きていたが、「顔にアザや怪我を負った人」をテーマにした本の取材を受け、表紙になってから、状況は一変。本が映画化されることになり、監督の飛坂逢太と出会ったアイコは彼に恋をする。だが女性に不自由しないタイプの飛坂の気持ちがわからず、暴走したり、妄想したり…。一途な彼女の初恋の行方は!?

 

 

 

 

 

 

10位 ラブコメ今昔

「阪急電車」などでおなじみの有川浩の恋愛小説。自衛隊員の恋愛という硬派なイメージからは想像もつかないほど甘々です。胸キュンです。恋に恋する全ての人に贈る制服ラブコメ。ああ、こんな素敵な恋愛ができたら...
 
 

 「自衛隊員の皆さんに恋愛や結婚の経験談を語ってもらいたいんです」。二等陸佐・今村和久の前に現れたのは、隊内紙の記者の元気娘・矢部千尋二等陸尉。訊けば、夫婦の馴れ初めを、コラムに掲載したいというのだが!?「みっともない」と逃げる今村、ねばる千尋。一歩もひかない攻防戦の顛末は―!?様々な思いが交錯する、自衛隊員の結婚を綴った表題作を含む、十人十色の恋模様6編を収録した、国を守る男女の本気印恋愛百景。

 

 

9位 この空のまもり

オタクの恋愛、ニートの恋愛、引きこもりの恋愛。これらが読みたい人(いるのか?)は、こちらの作品が超おすすめ。近未来を舞台にしたSF色の強い作品ですが、文章は平易で読みやすく、意外と万人向けの一作。
 
 

強化現実技術により、世界中のあらゆる場所と人に電子タグをはりつけられる時代。強化現実眼鏡を通して見た日本は、近隣諸外国民の政治的落書きで満ちていた。現実政府の対応に不満を持つネット民は架空政府を設立、ニートの田中翼は架空防衛軍10万人を指揮する架空防衛大臣となった。就職を迫る幼なじみの七海を気にしつつも遂に迎えた清掃作戦は、リアル世界をも揺るがして…理性的愛国を実践する電脳国防青春SF。

 

 

8位 いま、会いにゆきます

残された父と息子に訪れる愛の奇跡を描いた市川拓司のベストセラー小説。この作品は映画の方が有名になりましたが、原作も非常に素晴らしかった。久しぶりに純粋に感動させられました。人々の愛がいっぱいに詰まった心温まる物語。
 
 

 大好きだった妻の澪が亡くなって1年、身体にさまざまな不具合を抱えた巧は、町の小さな司法書士事務所に勤めながら、6歳になる一人息子の佑司とひっそりと暮らしていた。再び巡ってきた雨の季節の週末、いつもどおりの散歩に出かけた町はずれの森で、この父と子二人に奇跡が訪れる。哀しい未来を知りながら、それでも愛しい存在に向かって発せられる言葉。その深く強く優しい決意に、きっと心打たれるはずです。市川拓司ワールドの原点をなす最上の恋愛小説。

 

 

7位 時をかける少女

言わずと知れた人気作家筒井康隆のジュブナイル小説。少し昔の作品ですが、何度も映像化されていることからもわかる通り今も色あせない名作です。タイムリープ恋愛小説の走りともいえる作品ですから、恋愛小説好きなら読んで損はありませんよ。
 
 

 放課後の誰もいない理科実験室でガラスの割れる音がした。壊れた試験管の液体からただようあまい香り。このにおいをわたしは知っている―そう感じたとき、芳山和子は不意に意識を失い床にたおれてしまった。そして目を覚ました和子の周囲では、時間と記憶をめぐる奇妙な事件が次々に起こり始めた。思春期の少女が体験した不思議な世界と、あまく切ない想い。わたしたちの胸をときめかせる永遠の物語もまた時をこえる。

 

 

6位 A2Z

文学作品としての恋愛を読みたいならこちらがおすすめ。大人の恋愛の痛みや葛藤が描かれますが、後味はすっきりで読後感は良好。学生時代より落ち着いた、それでいて情熱的な物語が描かれます。
 
 

 恋は知らない時間を連れてくる。

大人の極上の恋愛小説。読売文学少女賞の傑作。

文芸編集者・夏美は、年下の郵便局員・成生(なるお)と恋に落ちた。同業者の夫・一浩は、恋人の存在を打ち明ける。恋と結婚、仕事への情熱。あるべき男女関係をぶち壊しているように思われるかもしれないが、今の私たちには、これが形――。AからZまでの26文字にこめられた、大人の恋のすべて。読売文学賞受賞作。

 

 

 

 

5位 恋愛中毒

恋愛小説の代名詞ともいわれる山本文緒の第20回吉川英治文学新人賞受賞作品。恋愛の難しさ、複雑さが丁寧な心理描写から鋭く描かれる意欲作。甘くて苦い、刺激的な恋愛を求めてしまう、誰もが恋愛中毒なのかもしれません。
 
 

 いつになったら、私は自由になれるのだろう。恋愛小説の最高傑作。

世界の一部にすぎないはずの恋が私のすべてをしばりつけるのはどうしてなんだろう。もう他人を愛さないと決めた水無月の心に、小説家創路は強引に踏み込んで――。吉川英治文学新人賞を受賞した恋愛小説の最高傑作。

 

 

4位 そのときは彼によろしく

作品を通して恋愛の良さをストレートに伝えてくれる市川拓司の傑作小説。切なさも、あたたかさも恋愛のすべてを表現して、それでいて最後には自分も恋愛したいと読者に思わせてくれる。そんな素敵な物語。
 
 

とある地方都市で小さな水草ショップを営むぼくのもとに、ある夜ひとりの美しい女性が現れる。店のドアに貼ってあった求人チラシを手にして……“アルバイト募集 年齢性別不問。水辺の生き物を愛する方ならどなたでも”。この出会いが、奇跡の始まりだった。著者の愛する映画『ノッティングヒルの恋人』へのオマージュで始まるファンタジックな青春ラブストーリー。'07年6月の映画公開に向け、著者初の、そして待望の長編文庫化!

 

 

3位 百瀬、こっちを向いて。

青春時代の恋愛は、得てして切ないものです。大好きなのに、胸が苦しい。そんな純粋な恋愛の良い部分も悪い部分も全部ひっくるめて描いた作品。最近恋愛とは縁がないという人にこそ読んでほしい中田永一の短編集。
 
 

 「人間レベル2」の僕は、教室の中でまるで薄暗い電球のような存在だった。野良猫のような目つきの美少女・百瀬陽が、僕の彼女になるまでは―。しかしその裏には、僕にとって残酷すぎる仕掛けがあった。「こんなに苦しい気持ちは、最初から知らなければよかった…!」恋愛の持つ切なさすべてが込められた、みずみずしい恋愛小説集。

 

 

2位 忘れないと誓ったぼくがいた

存在が消えてしまうという「彼女」を必死に救おうとする少年の物語。主人公の少年は、彼女のためにとにかく一生懸命で、ひたむきです。難しいことを考えず一途に相手のことを想える、そんな恋愛が一番なんだ。そう読んだあとに感じることができた作品です。
 
 

 大好きなのに、いつまでも一緒にいたいと思ったのに、ぼくの心を一瞬で奪った君は〈消えてしまった〉。君の存在を証明するのはたった数分のビデオテープだけ。それが無ければ、君の顔さえ思い出せない。世界中の人が忘れても、ぼくだけは忘れないと誓ったのに――。避けられない運命に向かって必死にもがくふたり。日本ファンタジーノベル大賞受賞作家による、切ない恋の物語。

 

 

 

 

 

 

1位 恋愛寫眞―もうひとつの物語

「ただ、君を愛してる」の題名で公開された玉木宏、宮崎あおい主演の映画の原作小説。今まで読んだ本の中で、一番純粋な愛を描けていると感じた作品でした。物語が進むにつれて、言葉で表せない感情がこみ上げてきます。人の心を動かす、本当の意味での感動を与えてくれる作品です。
 
 

 カメラマン志望の大学生・瀬川誠人は、嘘つきでとても謎めいた女の子・里中静流と知り合う。誠人はかなりの奥手だったが、静流とは自然にうちとける。そして静流は誠人に写真を習うようになる。やがて誠人は静流に思いを告げられるが、誠人にはずっと好きな人がいて、その思いを受け取ることはできなかった。一年後、卒業を待たずに静流は姿を消した。嘘つきでしょっちゅう誠人をからかっていた静流だったが、最後の大きな嘘を誠人についたまま…。

 

 

いかがでしたか?一口に恋愛小説といっても、その内容や切り口は千差万別です。笑って楽しめるラブコメから思わず涙が出てくる切ないお話まで。そんな中から少しでもお気に入りの本を見つける手助けになれば幸いです。