そらいろ!

そらいろ!

たまに見出しがしゃべったりします。

今すぐ儲かるネットビジネスを考える

 

お金を儲けるにはどうすればいいでしょうか。いい大学に入っていい企業に就職するとかもちろんそうなんですが、それだけがすべてではないはずなので今回はもう少し広い視点で考えてみようかなと。

 

f:id:Niseco:20150416201433j:plain

 

 

ネットで儲けるにはどうすればよいか

 

リーマンやるにしても起業するにしても様々な業界があるわけですが、近年で一番にぎわっているのはやはりIT産業でしょう。だからと言ってみんながみんな儲かっているというわけではありませんが。歴史が浅く、市場も流動的なので変化を起こしやすく新規参入が容易です。要するに無限の可能性です。

 

「顧客は自分が本当に欲しいものを知らない」などとよく言われますが、IT関連においてはまさにその通りです。ネットでこれからどのようなことができるのかユーザーたちは誰もわからないのです、ついでに私もわかりませんし開発者の方も先を見通せる方はごく少数でしょう。

 

つまり、ネットの世界におけるユーザーはクリエイターが作ったものをただ与えられているに過ぎません。おやつが出てくるのをじっと待っている子どもと同じです。同じお菓子ばかりではだんだん子供も飽きてきます。飽きてきたころに新たなおいしいお菓子を持っていってあげましょう。「こんなもの作ってみたけどどう?」と言って製作物を公開しユーザーの支持が得られればそれだけで莫大な利益が生み出されます。

 

自分が便利だなと思うものを実際に作ってネットの海に置いておくだけでどんどん儲かるわけです。ここで長々と議論するまでもなく簡単ですね。

 

 

具体的に言うと?

 

そうはいっても、「プログラミングとかできないし難しいしやったことないし......」と次にあなたはこう言います。なるほど、言われてみればそう簡単にアプリやWebサービスの開発なんてできない。というかできる人はもうとっくに実践して儲けてるはずですね。でも、やる気がある方は今からでも勉強して何か作ってみることを是非おすすめします。余裕で間に合います。

 

じゃあ、やる気がなかったらどうすんだという話ですが。まずはやる気を出しましょう。元気がなければ何もできません。が、先ほども言ったようにIT産業は参入障壁がとても低いのです。そんな無気力症候群の方のために「ブログの広告収入で儲ける」とか「動画を作って儲ける」とか「LINEのスタンプで儲ける」そういうのもあるわけです。

 

ブロガーもYouTuberも全体から見ればコンテンツを提供する側にあたりますので、それらに固有の価値が認められれば当然報酬を得ることができます。

 

例えば、少し調べてみるとブログ1年間続けたらいくらいくら儲かりましたとかそういう情報がいっぱい出てきます。参考にしてください。誰にでもできます。実際のところ「ブログ飯」は難しいにしても、ある程度継続していけば月数万円は簡単に手に入ります。

 

 

じゃあ俺が儲かっていないのはなぜだ

 

どんなやり方をするにしても「継続」することがとても大事です。何かを始めたからと言ってすぐに利益は上がりません。そんなもんです。ある程度の期間継続して、それでも何も起きなかったというのであれば、その時初めて違うやり方を考えましょう。9割以上の方は、この「継続」ができません。すぐにあきらめてしまって違うやり方でもっと手っ取り早く儲けようと考えます。だからこそ継続できる人たちはとても貴重で、大きな需要があるわけです。

 

ネットで情報収集をするとどうしてもみんなが儲かっているように見えてしまいます。なのになぜ俺だけ儲からないんだと考えてしまいがちですが、何事も、そこに至るまでのプロセスがあるわけです。成功している人の裏に、何も言わずに去って行った9割の人たちがいることをお忘れなく。

 

 

結論として、ネットの世界では何をしても基本的に儲かります。ただ、多くがが個人での活動であるため、簡単にやめることができます。誰も怒りません。でも儲かりません。そんな中で、どれだけ明確なビジョンをもって取り組めるかがあなたが成功を収めるために一番重要なことなのではないでしょうか。