そらいろ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらいろ!

たまに見出しがしゃべったりします。

人に好かれる人になるために実践すべきこと

誰しも他人に好かれたいという願望を持っているわけですが、それを実現して実際に人気者になれる人はごくわずかですよね。では人から好かれるためには具体的に何をすればよいのでしょうか。

 

f:id:Niseco:20150404235020j:plain

 

 

人の話を聞く

 

f:id:Niseco:20150404234245j:plain

 

これはたぶん小学校とかで教えられることですが本当に大切なことです。自分の事ばかり話す人はどう頑張っても好かれることはありません。

 

ここで大切なのは「相手が本当に伝えたいこと」を理解するように心がけることです。人は多くの場合自分の欲求や願望があったとしてもそれを直接的に言葉にすることを嫌います。つまり、相手の発言は常に建前や体裁といったフィルターを通したものになっているということです。ここで相手の思考をうまく読み取ることができなければ、いらぬ誤解を招いたり「この人は察しが悪い」といったマイナスイメージを与えることになります。相手の表情やしぐさ、立場や性格などを加味したうえで会話ができるように努力しましょう。

 

 

一貫した立場で発言をする

 

f:id:Niseco:20150404234417j:plain

 

話を聞くことは大事ですが、聞いているだけで何も発言しない人が好かれることはありません。また、単なるイエスマンも相手に不安を与え信用を失うもとになります。

 

人は常に自分の中で他者のイメージを作り出し、それをもとに言葉を選んで会話を進めます。会話の中で相手から想定外の返答が返ってきた場合、「自分の認識が間違っているのではないか」と考えイメージの修正を図ります。これを繰り返していくことで人間関係が形成され、自分とのコミュニケーションが安定するほど信頼が増していきます。

 

ここで、気分によって言うことが変わったり、相手の立場や人柄によって発言を変える人は相手を困惑させ、不信感を与えてしまいます。そうならないためにも、いつでも同じ視点に立って発言をするということが大切です。

 

 

自分のキャラクターをわかりやすく相手に伝える

 

自分の持っている考え、価値観がいつでも相手にわかるようにコミュニケーションをとりましょう。自分の価値観が相手に理解されればされるほど、相手にとって会話の応答が予測しやすくなり結果として安心感を与えるとともに「裏表がない人」という印象を持たれやすくなります。

 

 

自分に自信を持つ

 

f:id:Niseco:20150404233936j:plain

 

あなたはこの世界でかけがえのない存在ですか?実際にそうであるかないかは問題ではありません。自分に自信を持つことは多くの場合において非常にポジティブな効果をもたらします。

 

自己肯定が高い人ほど、それが相手に伝わり、より密度の高いコミュニケーションをとることができます。これは他者に対する強い信頼につながります。

 

 

 

いかがでしたか?人から好かれ信頼を得られる人間になるためにも、日頃からよりよいコミュニケーションをとれるよう心がけたいものです。

 

広告を非表示にする