そらいろ!

そらいろ!

たまに見出しがしゃべったりします。

なぜ人はブログを3日でやめてしまうのか

 

ちなみに私のことではないです。

 

f:id:Niseco:20150404042412j:plain

 

 

「よし、今日から毎日更新するぞ!」なんて思っても、3日後にはやる気を失っている。皆さんもそんな経験はありませんか?

 

この記事を読んでいる人の中には、長期にわたってブログを続けている方もいるでしょうし、そうでない方もいるでしょう。ただ、今まで何の苦労もなくブログを続けられてきたという方は少ないのではないでしょうか。

 

今回は、「この前まではあんなにやる気があったのに......いったいどうしちゃったんだろう」という方のためにその原因を考えてみることにしましょう。

 

 

ブログを書く目的がはっきりしていない

 

f:id:Niseco:20150404053001j:plain

 

あなたは何のためにブログを書いているのでしょう。お金のため?それとも自分のことを誰かに伝えるためでしょうか。「文章を書くのが好きだから」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

例えばお金が欲しいからだとすれば、なぜブログで収入が得たいのでしょう。普通に働くのではだめなのでしょうか。あるいはほかの副業では?といったように、「なぜブログを書いているのか」という動機が自分の中ではっきりしていないとせっかく始めたブログを途中でやめてしまう原因になります。

 

「途中で挫折してしまう......」と悩んでいる人は、なぜ挫折したくないのか、なぜこれからもブログを続けていきたいのかをよく考えてみましょう。ブログを始めたばかりのころをもう一度思い出してください。あなたは何を思ってブログを書き始めたのでしょうか。そこには何らかの目的や理由があったはずです。

 

どうでしょう、少しはやる気が出てきませんか?

 

 

自分が他人に何を伝えたいのかがよくわかっていない

 

f:id:Niseco:20150404052930j:plain

 

「やる気はあるんだけど書くことが思いつかない.......」というそこのあなた!もしかして大きな勘違いをしていませんか?

 

あなたは今、本の原稿を書いているわけではありません。他者に何かを発信しようとしているだけなのです。難しく考えることはありません。友人と楽しくおしゃべりするのと同じことです。あなたが思っていることを率直に書けば良いのです。

 

それでも筆が進まないというあなた。万人受けする記事を書こうとするのはやめましょう。全員が同意し共感する意見を持った人などこの世にいません。あなたがどのような記事を書こうとも、それに興味を持ち、読んでくれる人は必ずいます。「自分の考えが否定されたらどうしよう」と考えるのではなく「俺はこう思うんだけどお前はどう?」くらいのスタンスでいきましょう。

 

 

理想が高すぎる

 

f:id:Niseco:20150404053131j:plain

 

これも非常に多いパターンです。「書いてみたけどここの文のつながりが気に入らない......」などと細かな文章構成まで気に病む必要はありません。あなたは文章のプロではなく、ただの一般人です。読む人もそれをわかっていますし、お金を払って読んでいるわけでもないのですから多少文章が下手でも誰も気にしませんし文句も言いません。

 

それよりも継続することの方が何倍も大切です。繰り返し書いているうちに文章力は自然と身に付きます。ブログに触れる習慣が身についてから表現技法のことを考えても決して遅くはありません。

 

また、ブログのデザインばかり気にしてしまうのも初心者にはありがちです。読者はブログのかっこよさではなくあなたの書いた記事を見に来ているのだということを忘れないようにしましょう。

 

 

 

いかがでしたか?モチベーションが下がってきたときは、これらのことを思い出してみましょう。きっと何か思うことがあるはずです。

また、最初の方は細かいことは気にせず、思うがままに楽しく書いてみることも大切ですよ!